Safe モードの起動方法

Safe モードの起動方法については、以下を参照してください。
※ 機種により、画面・メッセージが若干異なる場合があります。

■ Windows 98* の場合

■ Windows Me の場合

■ Windows 2000 の場合

■ Windows XP Home Edittion / Professional の場合































































Safe モードの起動方法
Windows 98* の場合

手順 1

  1. PC の電源を入れ、Windows を起動します。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  3. [名前] テキスト ボックスに「msconfig」と入力し、[OK] ボタンをクリックします。



  4. [全般] タブをクリックし、[診断用の起動-デバイス ドライバとソフトウェアを一部読み込む] オプション ボタンをクリックします。



  5. [OK] ボタンをクリックします。

  6. [システム設定の変更] ダイアログ ボックスが表示されるので、[はい] ボタンをクリックします。



  7. Windows が再起動します。

  8. 起動後、「Microsoft Windows 98 Startup Menu」が表示されますので、3 番の「Safe mode」を選択します。



  9. キーボードの選択の画面が表示されますので、[半角/全角] キーを押して「106 日本語キーボード」を選択します。



  10. (ノートブックコンピュータのみ) SBS DRV (BatteryScope のドライバ) のエラー メッセージが表示されたら、[OK] ボタンをクリックします。



  11. Safe モードで実行される警告メッセージが表示されたら、[OK] ボタンをクリックします。



  12. 画面の四隅に [Safe モード] と表示されていれば、[Safe モード] で起動されています。

[ご注意]
上記の操作により、常に Safe モードで起動するように設定されています。
必ず下記の手順を行って、設定を元に戻してください。


  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [名前] テキスト ボックスに「msconfig」と入力し、[OK] ボタンをクリックします。

  3. [全般] タブで [標準の起動-すべてのデバイス ドライバとソフトウェアを読み込む] オプション ボタンをクリックします。

  4. [OK] ボタンをクリックします。

  5. [システム設定の変更] ダイアログ ボックスが表示されるので、[はい] ボタンをクリックします。

  6. Windows が再起動します。
以上の操作で、設定は元に戻ります。


手順 2

  1. PC 本体電源投入後、Windows 98 は [Ctrl] キー、Windows 95 は [F8] キーを押します。

  2. 「Microsoft Windows 9x Startup Menu」が表示されますので、3 番の「Safe mode」を選択します。


  3. キーボードの選択の画面が表示されますので、[半角/全角] キーを押して「106 日本語キーボード」を選択します。


  4. (ノートブックコンピュータのみ) SBS DRV (BatteryScope のドライバ) のエラーが表示されたら、[OK] ボタンをクリックします。


  5. Safe モードで実行される警告メッセージが表示されたら、[OK] ボタンをクリックします。


  6. 画面の四隅に [Safe モード] と表示されていれば、[Safe モード] で起動されています。
[備考]
通常の Windows 98 (Normal モード) に戻る場合は、[スタート]-[Windows の終了] から [再起動] を選択することにより、次回から起動します。


































































Safe モードの起動方法
Windows Me の場合

手順 1

  1. PC の電源を入れ、Windows を起動します。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  3. [名前] テキスト ボックスに「msconfig」と入力し、[OK] ボタンをクリックします。



  4. [全般] タブをクリックし、[診断用の起動-デバイス ドライバとソフトウェアを一部読み込む] オプション ボタンをクリックします。



  5. [OK] ボタンをクリックします。

  6. [システム設定の変更] ダイアログ ボックスが表示されるので、[はい] ボタンをクリックします。



  7. Windows が再起動します。

  8. 起動後、「Microsoft Windows Millennium Startup Menu」が表示されますので、3 番の「Safe mode」を選択します。



    「Safe mode」を選択後、SBS DRV (BatteryScope のドライバ) のエラー メッセージが表示される場合があります (ノートブック PC のみ) 。
    下記エラー メッセージが表示された場合には、[OK] ボタンをクリックします。


  9. [ヘルプとサポート] ウィンドウが全画面で表示されます。
    ウィザードに従ってトラブルシューティングを行うことができます。
    [ヘルプとサポート] ウィンドウを閉じて、通常の Safe モードの画面を表示するには、[ヘルプとサポート] ウィンドウ右上の [×] (閉じる) ボタンをクリックします。



  10. 画面の四隅に「Safe モード」と表示されていれば、Safe モードで起動されています。


[ご注意]
上記の操作により、常に Safe モードで起動するように設定されています。
必ず下記の手順を行って、設定を元に戻してください。


  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [名前] テキスト ボックスに「msconfig」と入力し、[OK] ボタンをクリックします。

  3. [全般] タブで [標準の起動-すべてのデバイス ドライバとソフトウェアを読み込む] オプション ボタンをクリックします。

  4. [OK] ボタンをクリックします。

  5. [システム設定の変更] ダイアログ ボックスが表示されるので、[はい] ボタンをクリックします。

  6. Windows が再起動します。
以上の操作で、設定は元に戻ります。


手順 2

  1. PC 本体電源投入直後 「SONY」のロゴが表示された時に、[Ctrl] キーを押します。

  2. 「Microsoft Windows Millennium Startup Menu」が表示されますので、3 番の「Safe mode」を選択します。


  3. (ノートブックコンピュータのみ) SBS DRV (BatteryScope のドライバ) のエラーが表示されたら、[OK] ボタンをクリックします。


  4. [ヘルプとサポート] ダイアログ ボックスが全画面で表示され、ウィザードに従ってトラブルシューティングを行うことができます。



    [次へ] ボタンをクリックすると、いくつかの項目のオプションボタンが表示され、トラブルシューティングを行うことができます。


  5. [ヘルプとサポート] ダイアログ ボックスを閉じ、通常の Safe モードの画面を表示するには、[ヘルプとサポート] ダイアログ ボックス右上の [×] ボタンをクリックします。

  6. 画面の四隅に「Safe モード」と表示されていれば、Safe モードで起動されています。
[備考]
通常の Windows Me (Normal モード) に戻る場合は、[スタート]-[Windows の終了] から [再起動] を選択することにより、次回から起動します。


































































Safe モードの起動方法
Windows 2000 の場合

  1. PC 本体の電源投入後、画面下部に 「Windows を起動しています」 と表示されたら、 [F8] キーを押します。


  2. 「Windows 2000 拡張オプションメニュー」 画面が表示されたら、[セーフ モード] を選択し、[Enter] キーを押します。


  3. 「オペレーティングシステムの選択」 画面が表示されたら、「「Microsoft Windows 2000 Professional」 を選択し、[Enter] キーを押します。


  4. 「Windows を起動しています...」画面の後、「デスクトップ」画面で、Safe モードで起動する警告メッセージが表示さたら、[OK] ボタンをクリックします。

    「Windows はセーフ モードで実行されています。」


  5. 画面の 4 隅に「セーフ モード」と表示されていれば、Safe モードで起動されています。

[備考]
通常の Windows 2000 (Normalモード) に戻る場合は、[スタート]-[Windows の終了] から [再起動] を選択することにより、次回から起動します。


































































Safe モードの起動方法
Windows XP Home Edittion / Professional の場合

手順 1

  1. PC の電源を入れ、Windows を起動します。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  3. [名前] テキスト ボックスに「msconfig」と入力し、[OK] ボタンをクリックします。

  4. [BOOT.INI] タブをクリックします。

  5. [ブート オプション] ボックスの [/SAFEBOOT] チェック ボックスをオンにし、[OK] ボタンをクリックします。

  6. [システム構成] ダイアログ ボックスが表示されますので、[再起動] ボタンをクリックし、Windows を再起動します。

  7. ユーザーを選択する画面で、任意のユーザーをクリックします。

  8. [デスクトップ] 画面で、Safe モードで起動する警告メッセージが表示さたら、 [はい] ボタンをクリックします。

    「Windows はセーフ モードで実行されています。」



  9. 画面の 4 隅に 「セーフ モード」 と表示されていれば、Safe モードで起動されています。
[ご注意]
上記の操作により、常に Safe モードで起動するように設定されています。
必ず下記の手順を行って、設定を元に戻してください。


  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [名前] テキスト ボックスに「msconfig」と入力し、[OK] ボタンをクリックします。

  3. [BOOT.INI] タブをクリックします。

  4. [ブート オプション] ブロックの [/SAFEBOOT] チェック ボックスをオフにし、[OK] ボタンをクリックします。

  5. [システム構成] ダイアログ ボックスが表示されますので、[再起動] ボタンをクリックし、Windows を再起動します。
以上の操作で、設定は元に戻ります。


手順 2

  1. PC 本体電源投入直後 「SONY」のロゴが表示された時に、[F8] キーを押します。

  2. [Windows 拡張オプション メニュー] が表示されたら、[セーフ モード] を選択し、[Enter] キーを押します。



    モデルによっては、[Please select boot device:] が表示され、[Windows 拡張オプション メニュー] が表示されない場合があります。



    [Please select boot device:] が表示された場合は、[Esc] キーを押し、ただちに [F8] キーを押してください。

  3. [オペレーティング システムの選択] が表示されたら、[Microsoft Windows XP Home Edition] を選択し、[Enter] キーを押します。



  4. ユーザーを選択する画面で、任意のユーザーをクリックします。

  5. [デスクトップ] 画面で、Safe モードで起動する警告メッセージが表示さたら、 [はい] ボタンをクリックします。

    「Windows はセーフ モードで実行されています。」



  6. 画面の 4 隅に 「セーフ モード」 と表示されていれば、Safe モードで起動されています。

[備考]
通常の Windows XP (Normal モード) に戻る場合は、 [スタート]-[終了オプション] から [再起動] を選択することにより、次回から起動します。