このページの最後にQ&Aに関するアンケートがあります。ぜひご協力ください。

対象型名:
  • BDZ-A70
  • BDZ-A750
  • BDZ-A950
  • BDZ-AT300S
  • BDZ-AT350S
  • BDZ-AT500
  • BDZ-AT700
  • BDZ-AT750W
  • BDZ-AT770T
  • BDZ-AT900
  • BDZ-AT950W
  • BDZ-AT970T
  • BDZ-AX1000
  • BDZ-AX2000
  • BDZ-AX2700T
  • BDZ-E500
  • BDZ-E510/B
  • BDZ-ET1000
  • BDZ-ET1100
  • BDZ-ET2000
  • BDZ-ET2100
  • BDZ-EW1000
  • BDZ-EW1100
  • BDZ-EW2000
  • BDZ-EW500
  • BDZ-EW510
  • BDZ-EX200
  • BDZ-EX3000
  • BDZ-L55
  • BDZ-L70
  • BDZ-L95
  • BDZ-RS10
  • BDZ-RS15
  • BDZ-RX100
  • BDZ-RX105
  • BDZ-RX30
  • BDZ-RX35
  • BDZ-RX50
  • BDZ-RX55
  • BDZ-SKP75
  • BDZ-T50
  • BDZ-T55
  • BDZ-T70
  • BDZ-T75
  • BDZ-T90
  • BDZ-V7
  • BDZ-V9
  • BDZ-X100
  • BDZ-X90
  • BDZ-X95
Q

ソニー製ブルーレイディスクレコーダーでディスクが再生できない


画面に「このディスクは操作できません」と表示される。
本体表示窓に「CAN’T USE」と表示される。


A

以下の対処方法をお試しください。ディスクの不具合やお使いの機器が故障しているかなど、診断が可能です。


説明

参考

本ページの内容でも改善しない場合は、「掲示板」をお役立てください。
知りたいことや困ったことを「質問」として書き込むと、詳しい人からの回答やアドバイスが得られるコミュニケーションの場です。

ブルーレイディスクレコーダーに詳しいユーザーに聞いてみよう!(無料)

例えばこんな質問を
BDZ-□□□□を使っています。○○○社から発売された△△△△というアクション映画のブルーレイディスクだけが再生できません。それ以外のレンタルDVDやダビングしたブルーレイディスクは問題なく再生できます。解決方法を教えてもらえませんか?

ご注意

レンズ用のクリーニングディスクは、故障する恐れがありますので絶対に使わないでください。

内容

事前確認

BDZ-AX2700T・AT970T・AT950W・AT770T・AT750W・AT350S・SKP75 をお使いの方のみご覧ください
  • すべてのブルーレイディスクが再生できない場合

    本機とテレビを「HDMIケーブル」で接続していて、本機の映像出力端子の設定が「D端子」になっている場合は、著作権保護の規定によりブルーレイディスクの映像をテレビに映せません。
    次の手順を参考に、本機の映像出力設定を変更してください。

    操作手順

    1. リモコンの《ホーム》ボタンを押します。

    2. [設定]>[映像設定]>[映像出力設定] を選びます。

    3. [変更する]を選びます。

    4. 接続方法の選択画面では、[HDMI]を選びます

    5. 解像度の選択画面では、[自動]を選びます。

    以上で、手順は完了です。

    改善しない場合は、STEP1 から読み進めてください。

目次に戻る

対処方法

本機で再生できるディスクの種類を確認をします

以下の詳細Q&Aをご覧いただき、本機で再生できるディスクかご確認ください。

※ BDZ-V7・V9をお使いの場合は、こちらのQ&A をご覧ください。

ディスクの種類は問題無いのに再生できない場合は、STEP2 をお試しください。

目次に戻る

再生できないディスクを確認します
ブルーレイディスクが再生できない場合
  • 以前は再生できていたブルーレイディスクが再生できない場合

    • 1~3枚程度のブルーレイディスクが再生できない場合
      対象のブルーレイディスクに問題がある可能性があります。STEP3 をお試しください。

    • すべてのブルーレイディスクが再生できない場合
      本機が故障している可能性があります。STEP5 をお試しください。
  • 市販・レンタルのブルーレイディスクが再生できない場合

    1. ブルーレイディスクが「日本向け」の製品かご確認ください(レンタルを除く)。

      ▼詳細Q&A:
      海外で購入した(海外仕様)DVD-ROMやBD-ROMが再生できない

    2. パソコンやPlayStation®3など他機器で再生できるかお試しください。

      • 他機器をお持ちでない場合は、STEP3 をお試しください。

      • 他機器で再生できる場合は、本機に問題がある可能性があります。STEP4 をお試しください。

      • 他機器でも再生できない場合は、ブルーレイディスクに問題がある可能性があります。STEP3 をお試しください。
  • パソコンで作成したブルーレイディスクが再生できない場合

    • パソコンでブルーレイディスクを作成する場合は、データ形式 で記録しても再生できません。
      BDMV形式 や BDAV形式 で記録できるディスク作成ソフトを使ってブルーレイディスクを作成してください。
      ただし、再生を保証するものではありません。

      ※  ブルーレイディスクに直接書き込んだ写真・静止画をご覧になる場合は、メニューの[フォト]列から再生してください。

目次に戻る

DVDが再生できない場合
  • 以前は再生できていたDVDが再生できない場合

    • 1~3枚程度のDVDが再生できない場合
      対象のDVDに問題がある可能性があります。STEP3 をお試しください。

    • すべてのDVDが再生できない場合
      本機が故障している可能性があります。STEP5 をお試しください。
  • 市販・レンタルのDVDが再生できない場合

    1. DVDが「日本向け」の製品かご確認ください(レンタルを除く)。

      ▼詳細Q&A:
      海外で購入した(海外仕様)DVD-ROMやBD-ROMが再生できない

    2. パソコンやPlayStation®など他機器で再生できるかお試しください。

      • 他機器をお持ちでない場合は、STEP3 をお試しください。

      • 他機器で再生できる場合は、本機に問題がある可能性があります。STEP4 をお試しください。

      • 他機器でも再生できない場合は、DVDに問題がある可能性があります。STEP3 をお試しください。
  • 他機器で作成したDVDが再生できない場合

    • ファイナライズがされていないDVDの場合
      他機器で作成したDVDの場合、ファイナライズされていないと再生できません。
      DVDを作成した他機器でファイナライズをおこなってから、本機で再生してください。

      ▼詳細Q&A:
      ファイナライズとはなんですか?

    • AVCREC方式 や HDRec方式 で作成されたDVDの場合
      他機器には、 AVCREC や HDRec といった、DVDにハイビジョン映像を記録できるレコーダーがあります。
      本機は、AVCREC方式 または、HDRec方式 で記録されたDVDに対応していないため、再生することができません。
      本機で再生可能な形式は DVD-VIDEO や AVCHD です。

  • パソコンで作成したDVDが再生できない場合

    • パソコンでDVDを作成する場合は、データ形式で記録しても本機では再生できません。
      DVDビデオ形式 や DVD-VR形式 で記録できるディスク作成ソフトを使って、ディスクを作成してください。
      ただし、再生を保証するものではありません。

      ※  DVDに直接書き込んだ写真・静止画をご覧になる場合は、メニューの[フォト]列から再生してください。

目次に戻る

すべてのブルーレイディスク・DVDが再生できない場合
  • 本機が故障している可能性があります。STEP5 をお試しください。

目次に戻る

ディスクの状態を確認します

一部のディスクのみ再生できず、それ以外の多くのディスクが再生できる場合は、ディスク側に問題がある可能性があります。

ディスクの記録面に、指紋・汚れ・ホコリなどがある場合

記録面に汚れ、ホコリが付着している場合は、メガネ拭きのような柔らかい布でキズが付かないように軽く拭きとってください。
落ちにくい場合は、水を湿らせた柔らかい布を使用してディスクの中心から外周に向かって、直線的に軽く拭き取ってください。
その際、拭き残りやくもりが残らないようご注意ください(ベンジン、シンナーなどの溶剤や静電気防止剤は使用しないでください)。
ディスクの拭き方

目次に戻る

キズや反りなどでディスクの記録状態が悪くなり、読み取りができなくなっている場合

ディスクのキズや反り、記録状態が悪化したディスクは、残念ながら再生することができません。

目次に戻る

ブルーレイディスクレコーダーの本体表示窓やテレビにエラーメッセージが表示される場合

本体表示窓に「CAN’T USE」と表示されたり、テレビに「このディスクは操作できません」と表示される場合は、リセット(再起動)をおこなうことで改善する場合があります。

▼詳細Q&A:
本体をリセット(再起動)したい

目次に戻る

最新のソフトウェアバージョンにアップデート(更新)します

ブルーレイディスクレコーダー本体のソフトウェアを最新にアップデートすることで、一部のディスクとの再生互換性が向上する場合があります。
以下のページを参考に、お使いのブルーレイディスクレコーダーのソフトウェアバージョンをご確認ください。

  • ブルーレイディスクレコーダーは「放送ダウンロード」により自動で本体ソフトウェアをアップデートする機能がありますが、 設定やお使いの環境によってはアップデートされないことがあります。

▼詳細Q&A:
本体アップデート(バージョンアップ)について

目次に戻る

リセット(再起動)します

本体が一時的に不安定になっている場合、リセット(再起動)をおこなうことで改善する場合があります。

▼詳細Q&A:
本体をリセット(再起動)したい

目次に戻る

それでも改善しない場合は

上記の内容をお試しいただいても改善しない場合は、
ブルーレイディスクレコーダーの故障が考えられるため、修理のお申し込みをおすすめします。
大切にご利用いただいているにもかかわらず、ご不便をおかけし申し訳ございません。 

メーカー保証期間内の場合

お買い上げ日から1年以内の場合、当社保証書記載の無料修理規定に則り、点検修理をおこないます。
保証期間内に点検修理受付をされる場合は、必ず製品と一緒に保証書をお預かりします。

このままインターネットで点検修理をお申し込みできます。

インターネットでのお申し込みをサポート

目次に戻る

ソニーストアの延長保証に加入している場合

ソニーストアの長期保証規定に則り、無料で点検修理をおこないます。
お手数をおかけいたしますが、以下のページをご確認いただき、ソニーストアお客様窓口へお問合せください。

長期保証 | ソニーストアのプレミアムサービス:
http://store.sony.jp/Guarantee/Warranty/index.html

目次に戻る

販売店が独自に定める延長保証に加入している場合

メーカー保証期間外であっても、販売店が独自に定める延長保証に加入している場合、
販売店が独自に定める修理規定に則り、無料で点検・修理がおこなえる場合がありますので、販売店へご相談ください。

目次に戻る

保証書を紛失した・購入日がわからない場合

保証書を紛失してしまった、または、購入日がわからない場合でも、無料で点検修理をおこなえる場合があります。
お手数をおかけいたしますが、修理相談窓口までお問合せください。

目次に戻る

メーカー保証期間外・延長保証未加入の場合

誠に申し訳ございませんが、有償で点検修理をおこないます。
以下のボタンから概算見積料金を確認のうえ、点検修理のお申し込みができます。

修理お申し込みサービスのご利用にあたって

目次に戻る

      

目次に戻る




文書番号:S1110278034353
更新日:2014/10/20