このページの最後にQ&Aに関するアンケートがあります。ぜひご協力ください。

対象型名:
  • BDZ-AT300S
  • BDZ-AT350S
  • BDZ-AT500
  • BDZ-AT700
  • BDZ-AT750W
  • BDZ-AT770T
  • BDZ-AT900
  • BDZ-AT950W
  • BDZ-AT970T
  • BDZ-AX1000
  • BDZ-AX2000
  • BDZ-AX2700T
  • BDZ-E500
  • BDZ-E510/B
  • BDZ-ET1000
  • BDZ-ET1100
  • BDZ-ET2000
  • BDZ-ET2100
  • BDZ-EW1000
  • BDZ-EW1100
  • BDZ-EW2000
  • BDZ-EW500
  • BDZ-EW510
  • BDZ-EX200
  • BDZ-EX3000
  • BDZ-RS10
  • BDZ-RS15
  • BDZ-RX100
  • BDZ-RX105
  • BDZ-RX30
  • BDZ-RX35
  • BDZ-RX50
  • BDZ-RX55
  • BDZ-SKP75
Q

「 SYSTEM ERROR 」「 PLEASE WAIT 」「 INFO WRITE 」と本体表示窓に表示されたまま、操作ができない


本体表示窓に「SYSTEM ERROR」(システムエラー)、「PLEASE WAIT」、または「INFO WRITE」と表示されたまま操作ができない。


A

ご不便をおかけしております。以下の対処方法をお試し頂いても症状が改善しなかった場合は、故障の可能性があります。


内容

事前確認

ご注意

  • 下記の対処方法をわかりやすい動画でご説明しております。
  • 目次に戻る

    対処方法

    リセット(再起動)します
    開閉ボタンを押してディスクを取り出します。(ディスクが入っている場合のみ)

    開閉ボタンを押しても取り出しができない場合は、強制的にディスクを取り出します。

    操作手順

    1. 本体の電源を切ります。

    2. 何も表示されない状態(機種によっては、時計が表示されている状態)になったら電源コードを抜きます。

    3. 本体の開閉ボタンを押しながら、電源コードをつなぎ直します。

    4. トレイが開いたら、開閉ボタンから指をはなします。

    5. ディスクをトレイから取り出します。

    目次に戻る

    リセット(再起動)します。

    ディスクを取り出したら、本機をリセット(再起動)します。

    操作手順

    1. テレビの電源をスタンバイ(リモコンで電源を切った状態)にします。

    2. 本体の前扉を開けて、つまようじなどの先の尖ったものでリセットボタンを押します。

      リセットボタンを押します。

    3. 表示窓に[WELCOME]と表示されたあと、[PLEASE WAIT]の表示が点滅します。
      [PLEASE WAIT]の表示が消えて電源が切れるまで、3~4分程度お待ちください。

      電源が切れるまで、3~4分程度お待ちください。

    4. 本体の電源ボタンを押して、本機を起動してください。

    リセット(再起動)をして起動できたら、本体のソフトウェアバージョンが最新になっているかご確認ください。

    ▼詳細Q&A:
    本体アップデート(バージョンアップ)について
    ※ 日付をさかのぼり、お使いの機種に該当する最も直近のアップデート情報をご確認ください。

    改善しない場合は、STEP2をご覧ください。

    参考

    BDZ-EX200・RX100・RX50・RX30・RS10・RX105・RX55・RX35・RS15 をお使いの場合は、以下のページもご覧ください。

    ブルーレイディスクレコーダー 「BDZ-EX200/RX100/RX50/RX30/RS10/RX105/RX55/RX35/RS15」
    ご愛用のお客様へ無償修理のお知らせとお詫び:
    http://www.sony.jp/bd/support/information/20110920.html

    目次に戻る

    電源コードを抜き差しします

    電源コードを抜き差しし、静電気を排出します。

    操作手順

    1. 電源コードを抜きます。

    2. 数分~数十分経ってから、電源コードをつなぎ直します。

    3. 本体の電源ボタンを押し、本機を起動させます。

    電源コードを抜き差しして起動できたら、本体のソフトウェアバージョンが最新になっているかご確認ください。

    ▼詳細Q&A:
    本体アップデート(バージョンアップ)について
    ※ 日付をさかのぼり、お使いの機種に該当する最も直近のアップデート情報をご確認ください。

    目次に戻る

    それでも改善しない場合は

    上記の内容をお試しいただいても改善しない場合は、
    ブルーレイディスクレコーダーの故障が考えられるため、修理のお申し込みをおすすめします。
    大切にご利用いただいているにもかかわらず、ご不便をおかけし申し訳ございません。 

    メーカー保証期間内の場合

    お買い上げ日から1年以内の場合、当社保証書記載の無料修理規定に則り、点検修理をおこないます。
    保証期間内に点検修理受付をされる場合は、必ず製品と一緒に保証書をお預かりします。

    このままインターネットで点検修理をお申込みできます。

    インターネットでのお申し込みをサポート

    目次に戻る

    ソニーストアの延長保証に加入している場合

    ソニーストアの長期保証規定に則り、無料で点検修理をおこないます。
    お手数をおかけいたしますが、以下のページをご確認いただき、ソニーストアお客様窓口へお問合せください。

    長期保証 | ソニーストアのプレミアムサービス:
    http://store.sony.jp/Guarantee/Warranty/index.html

    目次に戻る

    販売店が独自に定める延長保証に加入している場合

    メーカー保証期間外であっても、販売店が独自に定める延長保証に加入している場合、
    販売店が独自に定める修理規定に則り、無料で点検・修理がおこなえる場合がありますので、販売店へご相談ください。

    目次に戻る

    保証書を紛失した・購入日がわからない場合

    保証書を紛失してしまった、または、購入日がわからない場合でも、無料で点検修理をおこなえる場合があります。
    お手数をおかけいたしますが、修理相談窓口までお問合せください。

    目次に戻る

    メーカー保証期間外・延長保証未加入の場合

    誠に申し訳ございませんが、有償で点検修理をおこないます。
    以下のボタンから概算見積料金を確認のうえ、点検修理のお申し込みができます。

    修理お申し込みサービスのご利用にあたって

    目次に戻る

    参考

    BDレコーダーの「エラー」や「故障」と「熱」の関係

    「エラー」や「故障」の原因の一つは、BDレコーダー内部の温度の上昇です。 それを防ぐために、BDレコーダーには「冷却用のファン」や「通気口」が付いていますが、空気の循環によってほこりが内部に蓄積すると、温度が上昇しやすくなります。 場合によっては、設置する場所が温度の上昇につながることもあります。トラブルを未然に防ぐために、定期的なお手入れや設置する場所の見直しをしてみませんか?

    BDレコーダーのお手入れについて~定期的にお手入れをしてBDレコーダーを快適に使おう!~

    目次に戻る




    文書番号:S1110278033274
    更新日:2014/08/25

    ページトップへ