このページの最後にQ&Aに関するアンケートがあります。ぜひご協力ください。

Q

[Windows 7]
Windows Aero機能を有効/無効にする方法 【動画あり】


Windows Aero機能を有効、または無効にする方法について。


A

[個人設定]画面から設定します


対象製品

Windows 7

説明

Windows Aero機能を有効にすることで、3Dグラフィックや画面を半透明なガラスデザインで表示できます。
Windows Aero機能を使用するために必要なシステム、およびハードウェア要件については、事前確認をご参照ください。

内容

事前確認

Windows Aero機能は、以下のOSで使用できます。

  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Enterprise(※VAIOには搭載されません。)
  • Windows 7 StarterにはWindows Aero機能が含まれていないため、使用できません。

Windows Aero機能を使用するには、以下のハードウェア要件を満たしている必要があります。

プロセッサー(CPU) 1GHz以上の32ビットのCPU、または64ビットのCPU
メインメモリー(RAM) 1GB以上
ビデオメモリー(VRAM) 128MB以上

目次に戻る

操作方法

参考

本Q&Aの手順を、動画で確認することもできます。
[動画で見る]ボタンをクリックすると、新しいページで動画が再生されます。

  • 【Windows Aeroを有効にする】
    動画で見る

  • 【Windows Aeroを無効にする】
    動画で見る

操作手順

  1. デスクトップ上の何もないところで右クリックし、[個人設定]をクリックします。

  2. [個人設定]画面が表示されるので、以下の設定を行います。

    [個人設定]画面

    • Windows Aeroを有効にする場合
      [Aero テーマ]から設定したいテーマをクリックします。

    • Windows Aeroを無効にする場合
      [ベーシックテーマとハイコントラストテーマ]から設定したいテーマをクリックします。

    参考

    上記設定を行うと、デスクトップの背景、ウィンドウの色、スクリーンセーバーが選択したテーマに合わせて変更されます。
    各設定を変更するには、下記関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 7] スクリーンセーバーを設定する方法 【動画あり】
    [Windows 7] 壁紙を設定する方法

以上で操作は完了です。

目次に戻る

参考情報

本Q&Aの操作を行っても、[パフォーマンス オプション]画面の[パフォーマンスを優先する]にチェックをつけると、Windows Aero機能が無効になります。
Windows Aero機能を有効にしてご使用になる場合は、下記の操作手順を参照して、[パフォーマンスを優先する]以外を選択してください。

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[コンピューター]を右クリックして、[プロパティ]をクリックします。

  2. [システム]画面が表示されるので、[システムの詳細設定]をクリックします。

  3. [システムのプロパティ]画面が表示されるので、[詳細設定]タブをクリックし、[パフォーマンス]欄の[設定]ボタンをクリックします。

  4. [パフォーマンス オプション]画面が表示されるので、[コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する]、または[デザインを優先する]にチェックをつけて、[OK]ボタンをクリックします。

目次に戻る




文書番号:S0907141064699
更新日:2013/11/08

ページトップへ