このページの最後にQ&Aに関するアンケートがあります。ぜひご協力ください。

Q

[VAIOリカバリユーティリティ Ver.3.0]
リカバリー(再セットアップ・初期化)する方法


「VAIOリカバリユーティリティ」を使用して、リカバリー(再セットアップ・初期化)する方法を教えてください。


A

リカバリー方法は3種類あります


対象製品

アプリケーションソフトウェア
VAIOリカバリユーティリティ Ver.3.0

説明

通常は、「Cドライブのリカバリー」を推奨しています。

内容

事前確認

ご注意
  • ソニーでは、工場出荷時のハードディスクイメージ、または「リカバリーディスク」、「VAIOリカバリユーティリティ」で工場出荷時状態と同等にした場合のみをサポートしております。
    工場出荷時状態からパーティションを変更してインストールしたり、ソフトウェアを削除したり、一部のソフトウェアのみのインストール状態での使用など、特定の状態のみで発生する現象、または不具合については、回避方法などをご案内できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • 事前にリカバリーディスクを作成することをおすすめします。

    下記のような操作を行った場合などに、ハードディスクのリカバリー領域の情報が書き換わってしまい、ハードディスクのリカバリー領域からリカバリーができなくなることがあります。

    • パーティションを操作するソフトウェアを使用する
    • 出荷時以外のOSをインストールする
    • 「VAIOリカバリユーティリティ」を使用せずにハードディスクをフォーマットする

    リカバリー領域からリカバリーできない場合は、お客様が事前に作成したリカバリーディスクからのリカバリーが必要となります。
    事前にリカバリーディスクを作成していない場合、リカバリーディスクを購入したり、有償による修理が必要となるため、あらかじめリカバリーディスクを作成することをおすすめします。

    リカバリーディスクを作成する方法については、下記関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [VAIOリカバリユーティリティ Ver.3.0] リカバリーメディア(リカバリーディスク)を作成する方法

目次に戻る

操作方法

Cドライブをリカバリーする方法
ご注意

下記の操作を行うと、それ以前にあったCドライブのデータは失われてしまいます。
必要なデータがある場合は、事前に必ずデータのバックアップを行ってください。
また、Dドライブに必要なデータがある場合は、念のためバックアップを行うことをおすすめいたします。

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[VAIO リカバリツール]-[VAIO リカバリユーティリティ]をクリックします。

    ご注意

    Windowsが起動しない場合は、PC本体の電源投入直後「Sony」ロゴ(または「VAIO」ロゴ)が表示されたときに、キーボードの[F10]キーを押すと、「VAIOリカバリユーティリティ」が起動します。
    起動後は、手順3以降をご参照ください。

  2. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタンをクリックします。
    標準ユーザーでご利用の場合は、下記関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows Vista] ユーザーアカウント制御の概要

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順3に進んでください。

  3. [VAIO リカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[本機をリカバリする]にチェックをつけて、[OK]ボタンをクリックします。

    [メインメニュー]画面

  4. 以下のメッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    メッセージ内容:
    「お客様が作成されたデータのバックアップはお済みですか?」

    メッセージ画面

  5. [リカバリウィザード]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

    [リカバリウィザード]画面

  6. [リカバリ メニュー]画面が表示されるので、[C:ドライブをリカバリする]にチェックをつけて、[次へ]ボタンをクリックします。

    [リカバリ メニュー]画面

  7. [リカバリ設定の確認]画面が表示されるので、内容を確認し、[リカバリ開始]ボタンをクリックします。

    [リカバリ設定の確認]画面

  8. [リカバリを開始してもよろしいですか?]というメッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    メッセージ画面

  9. 自動的にWindowsが再起動します。

  10. 再起動後、[リカバリ実行中 - 1. システムリカバリを実行しています。]という画面が表示され、システムリカバリーが開始されます。

  11. 以下のメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

    メッセージ内容:
    「システムリカバリ」が完了しました。

  12. [リカバリ実行中 - 2. Windows セットアップを実行します。]という画面が表示されるので、[再起動]ボタンをクリックします。

  13. Windowsが再起動します。

  14. 再起動後、画面にそってWindowsのセットアップ作業を行います。
    操作手順については、下記関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows Vista] Windows初期設定の方法

  15. Windowsのセットアップ作業が完了すると、Windowsが起動します。
    以下のメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

    メッセージ内容:
    「「アプリケーションリカバリ」を行います。[OK] をクリックしてください。
    「アプリケーションリカバリ」を行わないと、本機の動作が不安定になる場合があります。
    必ず実行してください。」

    メッセージ画面

  16. [リカバリ実行中 - 3. アプリケーションリカバリを実行しています。]という画面が表示され、アプリケーションリカバリが開始されます。

    [リカバリ実行中 - 3. アプリケーションリカバリを実行しています。]画面

  17. [Office Personal 2003 のインストールを行います。]という画面が表示された場合は、以下のソフトウェアを付属しているCD-ROMからインストールし、[OK]ボタンをクリックします。

    • インストール後、[OK]ボタンをクリックすると、アプリケーションリカバリーが再開されます。

    • 「Microsoft Office Personal 2007」

    [Office Personal 2007 のインストールを行います。]画面

  18. [「アプリケーションリカバリ」が完了しました。]というメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックし、Windowsを再起動します。

    メッセージ画面

以上で、操作は終了です。
Cドライブのリカバリーが完了します。

目次に戻る

パーティションサイズを変更してリカバリーする方法
ご注意

下記の操作を行うと、それ以前にあったデータは、Cドライブ、Dドライブともに失われてしまいます。
必要なデータがある場合は、事前に必ずデータのバックアップを行ってください。

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[VAIO リカバリツール]-[VAIO リカバリユーティリティ]をクリックします。

    ご注意

    Windowsが起動しない場合は、PC本体の電源投入直後「Sony」ロゴ(または「VAIO」ロゴ)が表示されたときに、キーボードの[F10]キーを押すと、「VAIOリカバリユーティリティ」が起動します。
    起動後は、手順5以降をご参照ください。

  2. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタンをクリックします。
    標準ユーザーでご利用の場合は、下記関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows Vista] ユーザーアカウント制御の概要

    [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順3に進んでください。

  3. [VAIO リカバリユーティリティ]画面が表示されるので、[本機をリカバリする]にチェックをつけて、[OK]ボタンをクリックします。

    [メインメニュー]画面

  4. 以下のメッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    メッセージ内容:
    「お客様が作成されたデータのバックアップはお済みですか?」

    メッセージ表示画面

  5. [リカバリウィザード]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

    [リカバリウィザード]画面

  6. [リカバリ メニュー]画面が表示されるので、[パーティションサイズを変更してリカバリする]にチェックをつけて、[次へ]ボタンをクリックします。

    [リカバリ メニュー]画面

  7. [パーティションサイズの設定]画面が表示されるので、下向き矢印ボタン[▼]をクリックして、以下いずれかの項目を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

    • お買い上げ時のパーティション設定に戻す(推奨)

    • C:ドライブを大きくする

      • パーティションをCドライブとDドライブにわけ、Cドライブの容量をDドライブよりも多く確保します。

    • D:ドライブを大きくする

      • パーティションをCドライブとDドライブにわけ、Dドライブの容量をCドライブよりも多く確保します。

    • すべてC:ドライブにする
    • 数値入力

      • Cドライブに設定する容量を入力し、残りの容量がすべてDドライブになります。

    [パーティションサイズの設定]画面

  8. [リカバリ設定の確認]画面が表示されるので、内容を確認し、[リカバリ開始]ボタンをクリックします。

    • 手順7で選択した項目により、表示される内容が異なります。

    [リカバリ設定の確認]画面

  9. [リカバリを開始してもよろしいですか?]というメッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    メッセージ画面

  10. 自動的にWindowsが再起動します。

  11. 再起動後、[リカバリ実行中 - 1. システムリカバリを実行しています。]という画面が表示され、システムリカバリーが開始されます。

  12. 以下のメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

    メッセージ内容:
    「「システムリカバリ」が完了しました。」

  13. [リカバリ実行中 - 2. Windows セットアップを実行します。]という画面が表示され、[再起動]ボタンをクリックします。

  14. Windowsが再起動します。

  15. 再起動後、画面の指示に従って、Windowsのセットアップ作業を行います。
    操作手順については、下記関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows Vista] Windows初期設定の方法

  16. Windowsのセットアップ作業が完了すると、Windowsが起動します。
    以下のメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

    メッセージ内容:
    「「アプリケーションリカバリ」を行います。[OK] をクリックしてください。
    「アプリケーションリカバリ」を行わないと、本機の動作が不安定になる場合があります。
    必ず実行してください。」

    メッセージ画面

  17. [リカバリ実行中 - 3. アプリケーションリカバリを実行しています。]という画面が表示され、アプリケーションリカバリーが開始されます。

    [リカバリ実行中 - 3. アプリケーションリカバリを実行しています。]画面

  18. [Office Personal 2003 のインストールを行います。]という画面が表示された場合は、以下のソフトウェアを付属しているCD-ROMからインストールし、[OK]ボタンをクリックします。

    • インストール後、[OK]ボタンをクリックすると、アプリケーションリカバリーが再開されます。

    • 「Microsoft Office Personal Edition 2007」

    [Office Personal 2007 のインストールを行います。]画面

  19. [「アプリケーションリカバリ」が完了しました。]というメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックし、Windowsを再起動します。

    メッセージ画面

以上で、操作は終了です。
パーティションサイズを変更してリカバリーが完了します。

目次に戻る

出荷時状態へリカバリーする方法
ご注意

下記の操作を行うと、それ以前にあったデータは、Cドライブ、Dドライブともに失われてしまいます。
必要なデータがある場合は、事前に必ずデータのバックアップを行ってください。

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[VAIO リカバリツール]-[VAIO リカバリユーティリティ]をクリックします。

    ご注意

    Windowsが起動しない場合は、PC本体の電源投入直後「Sony」ロゴ(または「VAIO」ロゴ)が表示されたときに、キーボードの[F10]キーを押すと、「VAIOリカバリユーティリティ」が起動します。
    起動後は、手順5以降をご参照ください。

  2. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタンをクリックします。
    標準ユーザーでご利用の場合は、下記関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows Vista] ユーザーアカウント制御の概要

    [ユーザー アカウント制御] 画面が表示されない場合は、次の手順3に進んでください。

  3. 「VAIOリカバリユーティリティ」が起動します。
    [本機をリカバリする]にチェックをつけて、[OK]ボタンをクリックします。

    [メインメニュー]画面

  4. 以下のメッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    メッセージ内容:
    「お客様が作成されたデータのバックアップはお済みですか?」

    メッセージ画面

  5. [リカバリウィザード]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

    [リカバリウィザード] 画面

  6. [リカバリ メニュー]画面が表示されるので、[お買い上げ時の状態にリカバリする]にチェックをつけて、[次へ]ボタンをクリックします。

    [リカバリ メニュー] 画面

  7. [リカバリ設定の確認]画面が表示されるので、内容を確認し、[リカバリ開始]ボタンをクリックします。

    [リカバリ設定の確認] 画面

  8. [リカバリを開始してもよろしいですか?]というメッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    メッセージ画面

  9. 自動的にWindowsが再起動します。

  10. 再起動後、[リカバリ実行中 - 1. システムリカバリを実行しています。]という画面が表示され、システムリカバリーが開始されます。

  11. 以下のメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

    メッセージ内容:
    「「システムリカバリ」が完了しました。」

  12. [リカバリ実行中 - 2. Windows セットアップを実行します。]という画面が表示されるので、[再起動]ボタンをクリックします。

  13. Windowsが再起動します。

  14. 再起動後、画面の指示に従って、Windowsのセットアップ作業を行います。
    操作手順については、下記関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows Vista] Windows初期設定の方法

  15. Windowsのセットアップ作業が完了すると、Windowsが起動します。
    以下のメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

    メッセージ内容:
    「「アプリケーションリカバリ」を行います。[OK] をクリックしてください。
    「アプリケーションリカバリ」を行わないと、本機の動作が不安定になる場合があります。
    必ず実行してください。」

    メッセージ画面

  16. [リカバリ実行中 - 3. アプリケーションリカバリを実行しています。]という画面が表示され、アプリケーションリカバリーが開始されます。

    [リカバリ実行中 - 3. アプリケーションリカバリを実行しています。]画面

  17. [Office Personal 2003 のインストールを行います。]という画面が表示された場合は、以下のソフトウェアを付属しているCD-ROMからインストールし、[OK]ボタンをクリックします。

    • インストール後、[OK]ボタンをクリックすると、アプリケーションリカバリーが再開されます。

    • 「Microsoft Office Personal Edition 2007」

    [Office Personal 2007 のインストールを行います。]画面

  18. [「アプリケーションリカバリ」が完了しました。]というメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックし、Windowsを再起動します。

    メッセージ画面

以上で、操作は終了です。
出荷時状態へリカバリーが完了します。

目次に戻る

参考情報

  • ハードディスク内にリカバリー領域がない場合は、下記のエラーメッセージが表示され、「VAIOリカバリユーティリティ」を使用することができません。

    エラーメッセージ:
    「リカバリ領域が削除されています。
    リカバリディスクで本機を工場出荷時状態に戻した後、もう一度「VAIO リカバリユーティリティ」を起動してください。」

    上記の現象が発生する場合は、下記関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [VAIO_PC] 正常にリカバリーできない場合の確認事項

目次に戻る

■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。




文書番号:S0701151023989
更新日:2014/06/16

ページトップへ