このページの最後にQ&Aに関するアンケートがあります。ぜひご協力ください。

Q

[Windows XP]
ディスククリーンアップを行う方法


ディスククリーンアップの操作手順について。


A

ディスククリーンアップの操作は、用途によって4通りの方法があります


対象製品

Windows XP

説明

ディスククリーンアップは、ハードディスク内の一時ファイル、および削除されたファイルの消去や使用しないプログラムなどの消去を行い、ディスク領域を確保するためのユーティリティーです。
ディスククリーンアップを定期的に実行すると、ディスクの空き容量が整理され、システムパフォーマンスが維持できます。
デフラグの実行前に行うと、デフラグ処理のパフォーマンスが向上します。

内容

事前確認

ソニーは工場出荷時状態における正常動作において保証をしております。
本操作を行うことにより、動作に不具合等が生じる恐れがあり、いかなる問題に対してもソニーでは保証できません。
お客様ご自身の責任で行っていただきますよう、お願いします。

目次に戻る

操作方法

step_a_1使用しないファイルを削除する方法

ハードディスクに保存されている使用しないファイルを削除するには、以下の操作を行ってください。

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システム ツール]-[ディスク クリーンアップ]をクリックします。

    • [スタート]ボタンをクリックし、[コントロール パネル]から[パフォーマンスとメンテナンス]をクリックし、[ハードディスクの空き容量を増やす]をクリックしても起動できます。

  2. [ドライブの選択]画面が表示されるので、[ドライブ]のダウンボタンをクリックし、ディスククリーンアップを実行するドライブを選択して[OK]ボタンをクリックします。

    [ドライブの選択]画面

  3. [ディスク クリーンアップ]画面が表示されるので、[ディスク クリーンアップ]タブの[削除するファイル]内から、削除する項目のチェックをつけ、[OK]ボタンをクリックします。

    [ディスク クリーンアップ]画面

    [削除するファイル] 内の項目は以下の通りです。

    • ダウンロードされたプログラム ファイル :
      特定のWebページを表示したときにインターネットから自動的にダウンロードされる、ActiveXコントロールやJavaアプレット。

    • Temporary Internet Files :
      Webページへのアクセスを速くする目的で、ハードディスク上に一時的に保存したファイル。

    • ごみ箱 :
      PCから削除されたファイル。

    • システム復元 :
      システムの復元が、定期的にPCの現在の設定を保存したファイル。

    • 一時ファイル :
      [WINDOWS]フォルダー内の[TEMP]フォルダー内に格納されている、過去7日間以上使用されていないファイル。

    • WebClient/Publisher の一時ファイル :
      ディスク上のアクセスされたファイルのキャッシュ。

    • コンテンツ インデックス作成ツールのカタログ ファイル :
      前回のインデックス操作で残ったファイル。

  4. 「これらの操作を実行しますか?」というメッセージ画面が表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。

    メッセージ画面

目次に戻る

step_a_1復元ポイントを削除する方法

最新の復元ポイント以外のすべての復元ポイントを削除するには、以下の操作を行ってください。

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システム ツール]-[ディスク クリーンアップ]をクリックします。

  2. [ディスク クリーンアップ]画面が表示されるので、[詳細オプション]タブをクリックします。

  3. [システムの復元]欄の[クリーンアップ]ボタンをクリックします。

    ディスク クリーンアップ]画面

  4. 下記メッセージが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

    メッセージ内容:
    「ディスク クリーンアップ
    最新のシステム復元ファイル以外の古い復元ファイルを削除しますか?」

    メッセージ画面

  5. [OK]ボタンをクリックし、[ディスク クリーンアップ]画面を閉じます。

目次に戻る

step_a_1インストールしたプログラムを削除する方法

お客様がインストールし追加したプログラムを削除するには、以下の操作を行ってください。

  • ただし、お持ちのソフトウェアによって削除の方法が異なります。
    詳細は製品の販売元に確認をしていただきますようお願いします。

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システム ツール]-[ディスク クリーンアップ]をクリックします。

  2. [ディスク クリーンアップ]画面が表示されるので、[詳細オプション]タブをクリックします。

  3. [インストールされているプログラム]欄の [クリーンアップ]ボタンをクリックします。

    [ディスク クリーンアップ]画面

  4. [プログラムの追加と削除]画面が表示されるので、削除するプログラムを選択し、[変更と削除]ボタンをクリックします。

  5. プログラムの削除の確認する内容のメッセージが表示された場合は、[はい]ボタンをクリックします。
    削除をするプログラムが複数ある場合は、手順の 4 と 5 を繰り返します。

  6. [閉じる]ボタンをクリックし、[プログラムの追加と削除]画面を閉じます。

  7. [OK]ボタンをクリックし、[ディスク クリーンアップ]画面を閉じます。

目次に戻る

step_a_1使用しないWindowsコンポーネントを削除する方法

使用しないWindowsコンポーネントを削除するには、以下の操作を行ってください。

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システム ツール]-[ディスク クリーンアップ]をクリックします。

  2. [ディスク クリーンアップ]画面が表示されるので、[詳細オプション]タブをクリックします。

  3. [Windows コンポーネント]欄の[クリーンアップ]ボタンをクリックします。

    [ディスク クリーンアップ]画面

  4. [Windows コンポーネント ウィザード]画面が表示されるので、[コンポーネント]一覧から削除したいコンポーネントのチェックをはずし、[次へ]ボタンをクリックします。

    [Windows コンポーネント ウィザード]画面

  5. [Windows コンポーネント ウィザードの完了]画面が表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。

    [Windows コンポーネント ウィザードの完了] 表示画面

  6. [OK]ボタンをクリックし、[ディスク クリーンアップ]画面を閉じます。

参考

「ディスククリーンアップ」は他に以下の方法で起動できます。

  • [スタート]ボタンをクリックし、[コントロール パネル]から[パフォーマンスとメンテナンス]をクリックし、[ハードディスクの空き容量を増やす]をクリックします。

  • [スタート]ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行をクリックして、[名前]欄に「cleanmgr」と入力し、[OK]ボタンをクリックします。

  • Windowsエクスプローラー、またはマイコンピューターで、実行したいドライブ右クリックし、[プロパティ]をクリックし、[全般]タブの[ディスクのクリーンアップ]ボタンをクリックします。

目次に戻る

参考情報


下記マイクロソフト社のサポート技術情報もご参照ください。

マイクロソフト社サポート技術情報
[文章番号]
310312
[最終更新日]
2007/12/01
[タイトル]
Windows XP のディスク クリーンアップ ツールについて

目次に戻る

関連Q&A

 

目次に戻る




文書番号:S0107040006792
更新日:2011/10/15

ページトップへ